おきなわ食材を訪ねて「岸本ファーム」| 沖縄那覇市の中心地 国際通り[ホテルオーシャン]

  • 朝食バイキング
  • おきなわ食材
沖縄食材を訪ねて
沖縄県産無農薬ハーブ

ホテルオーシャンには「岸本ファーム」の県産ハーブも届きます。
無農薬、化学肥料を一切使わないことにこだわり、
沖縄で長年ハーブと島野菜の栽培を行ってきた岸本さんからお話を聞きました。


岸本ファームのビニールハウス

岸本ファームで栽培するハーブは年間約40種類程。
西洋やタイのハーブの他、「雲南百薬、ハンダマ、ニガナ、クミスクチン、ハママーチ、長命草、島ネギ、島ニラ」など
沖縄ならではのハーブ・葉物栽培も行います。

ハーブ

スタッフ末次さん

沖縄固有の野菜

岸本ファームのハーブは厚みがあり、香りが強く、持ちがいいと評判。

代表岸本さん

岸本ファームの創業は20年以上前。茨城、千葉で見学したハーブ農家をヒントに
当時まだ沖縄ではやる人がいなかったハーブ栽培を始めることで、地域の活性化に貢献しようと考えました。

当初から無農薬・化学肥料を使わない栽培法を貫き、除草剤を使わず、草取りは人の手で行っています。
ある程度の草は、台風が来た時に大事な作物を守ってくれるなど良い面もあるとか。
虫対策には唐辛子を散布。なるべく自然本来の状態にしておくと、土の力が衰えないそうです。

「若い人や子供たちに無農薬で安全なものを食べてもらいたい。
採れる量が限られても、安心できる物を出荷する事にこだわっています」


現在岸本ファームの畑を守っているのは岸本さんと末次さんの二人だけ。
畑の状態をみながら、二人で管理できる量だけしかつくりません。

ホテルオーシャンでは、朝食バイキングの他、
1階の無料カフェコーナーにて「日替わりのフレーバーウォーター」でも岸本ファームのハーブを活用しています。
沖縄の自然と人の手で大切に育てられたハーブの香りを感じてみてください。

朝食バイキング 詳細はこちら

掲載の記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます

PAGETOP